インターナショナル・プリスクールの1日を時間割でご紹介します!

インターナショナルプリスクール スケジュールプリスクール

こんにちは。Takoです。

一日中、英語で過ごすインターナショナル・プリスクールは日本の保育園や幼稚園とは少し違います。

私が働いているインターナショナル・プリスクールは、日本の保育園や幼稚園の要素も取り入れています。

日本の季節の行事もありますし、朝はラジオ体操(英語バージョン)もします。

では毎日どのように過ごすのでしょうか?

わが園の1日のスケジュールをご紹介します!

ぜひ参考にして下さい。

9:00 Circle Time(朝の会)

9:30 Free Play(外で自由遊び)

10:00 Lesson Time (英語レッスン)

11:30 Lunch  (昼食)

12:30 Free Play (室内で自由遊び)

13:00 Craft Time (工作等)

14:00 Circle Time & Free Play (帰りの会&自由遊び)

Circle Time

朝の会です。全園児で行います。

朝の挨拶から始まり、ラジオ体操、ダンスなど、体を思いきり動かして1日の活動をスタートしましょう!

Free Play

自由遊びの時間です。天気の良い日は園庭でたくさん遊びましょう!

園庭には滑り台、ブランコ、シーソー、砂場、ジャングルジム等の遊具があります。

また広い園庭でかけっこやボール遊びなどもできます。先生やお友達と仲良く遊びながら英語を学べます。

English Lesson Time

クラスごとに分かれて、英語のレッスンを受けます。

クラス担任制ですので、担任の先生が自分のクラスのレッスンを受け持ちます。

  • テキスト、フラッシュカード、CDを使ったレッスン(30分)
  • 英語絵本の読み聞かせ(10分)
  • ワークシート(15分)

Lunch

クラスで昼食を食べます。時々、隣のクラスにお邪魔して、大勢で食べたりもします。

給食センターのランチも注文できますが、ほとんどはお母さんが作ってくれたお弁当です。

国籍豊かなクラスでも、お弁当は日本式のものが多いです。外国籍の親御さんも、いろいろと研究して日本式のお弁当を作っているようです。

ランチが終わった子から、自由に遊べます。

食べ終わる順番はたいてい同じです。早い子ですと10分、遅い子は1時間以上かかります。

特に、外国人の先生達は、子ども達がお弁当を残す事に対して非常に厳しいです。どんなに時間がかかっても最後まで食べさせるようにしています。

Craft Time

午後は工作の時間です。

季節もの、イベント用など、様々なものを作ります。

牛乳パック、ダンボール、ペーパー芯、紙皿、紙コップなどの廃材も利用します。

作るものは日本の幼稚園や保育園とほぼ同じです。先生達は日本の保育雑誌や海外のWEBサイトを参考にしています。

Circle Time

帰りの会です。クラス毎で行います。

先生が英語絵本を読んでくれます。その後、さよならの歌を歌って終了です。

あとはお迎えが来てくれるまで、自由に遊んで待ちます。

日本の幼稚園との違い

いかがでしたか?

インターナショナル・プリスクールの1日のスケジュールを紹介させて頂きました。

基本的には日本の幼稚園と大きな違いは、毎日本格的な英語のレッスンがあるかどうかです。

外遊び、室内遊び、朝の会、帰りの会、工作の時間など1日の活動は、全て英語で行われますが、内容はほぼ同じだと思います。

それぞれのインターナショナル・プリスクールでは独自の活動があります。今回は我が園の1日のスケジュールをご紹介させて頂きました。

参考になれば幸いです。

インターナショナル・プリスクールの選び方
今大人気のインターナショナル・プリスクール。幼児教育・保育無償化の対象になるプリスクールもあり、これから益々人気が出ること間違いなしです。それでは数多くあるインターナショナルプリスクールの中から、どうやって選べばいいのでしょう?現役バイリンガル保育士ならではの視点でお話します。ぜひ参考にして下さい。
インターナショナル・プリスクールのメリット
「インターナショナル・プリスクールに入れば苦労せずに英語を話せるようになる」と、思っている方が多いと思います。しかし、実際はどうなのでしょうか?お子さんをインターナショナル・プリスクール(英語保育園・英語幼稚園)に入園させたときのメリットをご紹介します。
インターナショナル・プリスクールのデメリット
早期英語教育でインターナショナルプリスクールにお子さんを通わせる親御さんが急増中です。インターナショナルプリスクールにはたくさんのメリットがありますが、反対にデメリットもあります。